5月28日  「申請におけるよくある不備」をアップしました。 

感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者様に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金が給付されます。

<持続化給付金サイト>

https://www.jizokuka-kyufu.jp/

持続化給付金 よくある不備

持続化給付金の申請は、ホームページからの電子申請が基本となっています。

電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行っています。順治、サポート会場が開設されております。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

 

<持続化給付金 申請サポート会場のページ>

 

給付金の給付額は、200万円を超えない範囲で対象月の属する事業年度の直前の事業年度の年間事業収入から、対象月の月間事業収入に12を乗じて得た金額を差し引いたもの(金額は10万円単位。10万円未満の端数があるときは、その端数は、切り捨てる。)とします。

月間事業収入が、前年同月比50%以下となる月で任意で選択した月を【対象月】と呼びます。対象月は、2020年1月から12月までの間で、事業者が選択した月とします。