6/29 支援対象が拡大されました。

1.主たる収入を雑所得又は給与所得として確定申告したフリーランスを含む個人事業者の方々

2.2020年1月~3月の間に新規創業された事業者の方々

 について、新たに対象に加えることとなりました。

リーフレット

感染症拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者様に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金が給付されます。

<持続化給付金サイト>

https://www.jizokuka-kyufu.jp/

持続化給付金 よくある不備

持続化給付金の申請は、ホームページからの電子申請が基本となっています。

全国500カ所以上に、電子申請の入力サポートを行う窓口を設置しております。
また、全国の商工会・商工会議所においても、電子申請の入力サポートを行っております。最寄りの申請サポート会場や、商工会・商工会議所にご相談ください。

申請サポート会場

申請サポート会場とは(持続化給付金事務局ホームページ)

https://www.jizokuka-kyufu.jp/support/

申請サポート会場

https://www.meti.go.jp/covid-19/shinsei-support.html

みなさまのお近くの申請サポート会場の検索はこちらから。

https://counter.jizokuka-kyufu.jp/

 

給付金の給付額は、200万円を超えない範囲で対象月の属する事業年度の直前の事業年度の年間事業収入から、対象月の月間事業収入に12を乗じて得た金額を差し引いたもの(金額は10万円単位。10万円未満の端数があるときは、その端数は、切り捨てる。)とします。

月間事業収入が、前年同月比50%以下となる月で任意で選択した月を【対象月】と呼びます。対象月は、2020年1月から12月までの間で、事業者が選択した月とします。