同一労働同一賃金の導入は、同一企業・団体におけるいわゆる正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者) と非正規雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の間の不合理な待遇差の解消を目指すもので、中小企業においては2021年4月1日より施行されます。中小企業への適用が半年をきった「同一労働同一賃金」の対応策について、ワークショップを通じて一緒に考えましょう。

くわしくは、下記のチラシをご覧ください。

同一労働同一賃金の対応策セミナー チラシ・申込書