新型コロナウイルス感染症拡大防止のためのまん延防止等重点措置等に伴う、飲食店の休業・時短営業や、外出自粛等の影響により、1・2月の各月の売上が2019~2021年の同月と比べて減少し、国の「事業復活支援金」及び広島県の「月次支援金」を受給しても補い切れない減少分に対し、尾道市独自の支援金が支給されます。

申請受付は4月30日(土曜日)(※当日消印有効)で終了しました。

【支給対象】 

以下の要件をすべて満たすもの
(1) 尾道市内に本社または本店があり、事業収入を得ている中小企業者等(個人事業主は尾道市内に住所があること)
(2) 2022年の対象月(1月分・2月分)において、広島県の「頑張る中小事業者月次支援金」の給付対象事業者であること
※広島県の「広島県感染症拡大防止協力支援金」の給付対象事業者は対象外となります。
(3) 今後も事業を継続する意思があること。

※事業期間が短く、2019~2021年の同月と比較できない場合で、2021年10月までに開業している場合は、創業特例として対象要件等が異なります。

【支給対象月】

2022年1月及び2月

※申請は1事業者につき1回のみです。追加申請はできませんのでご注意ください。

【支給額】

売上減少率が50%以上の場合、中小法人上限20万円/月、個人事業主上限10万円/月

売上減少率が30%以上50%未満の場合、中小法人上限8万円/月、個人事業主上限4万円/月

※国の事業復活支援金及び広島県の月次支援金の給付を受けたものとみなし、市からの支給額を算出します。

飲食店の休業・時短営業の影響により、売上が著しく減少した事業者については、売上減少率に応じて支給上限額が拡大されます。 

【受付期間】

令和4年3月18日(金曜日)~4月30日(土曜日)(※当日消印有効)

 

【コールセンター】

090-1418-0284(業務用携帯端末複数台で対応)

受付時間 9時00分~17時00分、土日・祝日を除く

くわしくは商工会までお問い合わせいただくか、下記の尾道市HPをご覧ください。
https://www.city.onomichi.hiroshima.jp/soshiki/26/46939.html